看護部

看護部長メッセージ

山形済生病院看護部の理念は、「私たちは、済生会の創立の精神『施薬救療』に則り、対象となるすべての人々の尊厳および権利を尊重し、温かみのある個別的な看護を提供します」とあげています。

「施薬救療」の精神とは、社会的弱者をはじめ、すべての人々に保健・医療・福祉をいきわたらせる救済の心です。私たち看護職は、息者さんに安全で安心な医療を提供するために、医療チームの一員として責任を持つて他職種と協働するとともに、息者さんに最も近い存在として息者さんの意思決定を擁護し、息者さんがその人らしい生活を送れるように支援しています。そして、息者さんの退院後の生活を見据えて、訪問看護ステーション・特別養護老人ホーム・介護老人保健施設と連携して、地域に密着した看護を提供することを心がけています。

また、看護部の人材育成として、全看護職の教育ニード・学習ニードを調査した診断結果に基づいた継続教育プログラムを提供しており、看護職一人一人のキャリアアップを応援しています。看護部職員が「ともに学び、ともに育つ」ために教育体制を整え、「自ら学び、自ら育つ」ことのできる自律的な看護職として成長できるように支援しています。

takahashi_chiaki.jpg

認定看護管理者
看護部長 高橋 千晶

山形済生病院 看護部 理念

理念

私たちは、済生会の創立の精神「施薬救療」に則り、対象となるすべての人々の尊厳および権利を尊重し、温かみのある個別的な看護を提供します。

基本方針

  1. 看護者*は、患者・家族の自立に向けて、個々にあった日常生活動作の援助を行います。
  2. 看護者は、患者・家族の意思をふまえ、看護の専門知識と技術を用いて、診療の補助を行います。
  3. 看護者は、目的を持って計画的に看護過程を展開し、安全で質の高い看護を提供します。
  4. 看護者及び看護補助者は、患者・家族の抱える問題の解決に向けて、医療チームの一員として責任を持って協働します。
  5. 看護者は、保健・医療・福祉との連携を図り、地域**で安心して生活できるよう支援します。
  6. 看護者は、看護の経済性***を考慮し、効率のよい看護を提供します。
  7. 看護者及び看護補助者は、来院された方々への気配りを大切にして、にこやかにお迎えします。
  8. 看護者及び看護補助者は、患者・家族の思いに心を寄せて話を聞きます。
  9. 看護者及び看護補助者は、個人のプライバシーを守り、情報の漏洩防止と適切な情報開示に努めます。
  10. 看護者は、進歩発展する医療・看護に対応できるよう自己研鑽に励み、最近の動向や情報を積極的に入手し、最良の看護を提供します。

*看護者とは、看護職の免許によって看護を実践する権限を与えられた者である。
**地域とは在宅、地域の医療機関、介護施設などを言う。
***看護の経済性とは、単に利益の増減に着目するのではなく、提供される看護の質に対する費用対効果を考えることである。

この山形済生病院看護部の看護理念・基本方針は「済生会看護理念」
「済生会山形済生病院憲章」「患者さんの権利と責任」をもとに明文化した。

平成 6年10月 作成
平成19年10月 見直し
平成21年12月 見直し
平成22年10月 見直し
平成25年11月 見直し

看護部の教育体制

山形済生病院看護部の教育理念・教育目標

<教育理念>

看護部理念の実現に向けて、看護実践ができるための人材育成を行い、
一人一人の 自己啓発に対して支援を行う。

<教育目標>

  1. 看護の専門的知識・技術・態度を習得し更に積み重ね、臨床実践能力を向上させる。
  2. 組織の中で自己の立場を認識し、その役割に自覚と責任が持てるように育成・強化する。
  3. 自己研鑽・自己啓発ができるよう環境を整え、支援する。
  4. 誰にでもよい印象を与える接遇を身につける。
  5. 心を寄せて患者・家族の話をよく聞き、患者・家族の状況を尊重して受け止める態度・言動・雰囲気作りができる能力を高める。

山形済生病院看護部の院内教育の特徴

  1. 山形済生病院看護部の院内教育は、2004年度に発足した看護部と千葉大学看護学部の共同プロジェクトにより開発されており、従来の院内教育を基盤にさらに精度の高い構造を備えている。
  2. 教育ニード、学習ニードの診断結果に基づき、山形済生病院に就業する看護職員の現状にあったプログラムから構成されている。
  3. 経年別・役割別プログラムを主軸に据え、職種別・全看護職員型・病院全体型プログラムを組み込んでいる。
  4. 保健・医療チームの調整役を担うために問題解決能力の向上を目的として、リーダーシップ研修Basic・Intermediate・Advance を段階的に提供する。
  5. 臨床看護師として理論と実践を結びつけ科学的根拠に根ざした看護を実践するために、看護研究研修を研究計画書の書き方からアンケート調査方法、データ分析法、そして研究のまとめ方とステップアップして学べる研修を提供する。
  6. 科学的な根拠に基づき各々の役割遂行上の問題解決に必要となる知識・技術・態度の習得を目的とし、臨床経験4年目以上の看護師を対象とした自由選択コース「業務改善コース」「 研究成果活用コース」「教育・指導コース」を提供する。また、最新の情報を得、看護実践や看護研究に活用するため、発表の有無に関わらず学会への参加を推奨する。
  7. 基礎教育年代看護師のアセスメント能力向上を目指し、フィジカルアセスメント研修は昨年より2項目追加し「呼吸」「循環機能障害」「脳」「心電図」「がん化学療法」を提供する。

※看護師・助産師以外の看護補助者も上記内容に準ずる。

各看護単位の紹介

トップへ

Copyright © 2018 Yamagata Saisei Hospital. All Rights Reserved.