認定看護師(集中ケア認定看護師)

saito_asami_2013.jpg

副主任看護師 齋藤麻美

集中ケア認定看護師は、過大侵襲(疾病・手術・外傷など)によって生命の危機的状態にある患者や集中治療・看護が行われないと危機的状態に移行してしまうことが予測される患者を対象に看護を行っていきます。そして、その家族も患者同様に心理的に危機的状態であることから、看護の対象は家族も包含しており、患者とその家族の擁護者として医療チーム内の調整的な役割も果たします。このような急性かつ重症な患者に対して、集中ケア(クリティカルケア)における専門的知識と技術を用いて、状態を的確にアセスメントし、合併症の予防と早期回復に向けた援助を行っていきます。

さらに、急性期医療における治療・看護の対象者は、集中治療室のみならず、一般病棟にも広がっています。人工呼吸器を装着している患者を対象とした呼吸ケアサポートチームとしての活動も行っています。チームで対象患者のラウンドを行い、カンファレンスによって合併症予防・早期離脱を目指した診療計画書を作成します。そして、退院後の生活をも見据えた早期介入を他職種と協働して行っていきたいと考えています。

呼吸ケアサポートチームは、呼吸器内科医師、理学療法士、臨床工学技士、新生児集中ケア認定看護師、慢性呼吸器疾患看護認定看護師、集中ケア認定看護師で構成されています。

トップへ

Copyright © 2018 Yamagata Saisei Hospital. All Rights Reserved.