認定看護師(脳卒中リハビリテーション認定看護師)

脳卒中を発症すると、何かしらの障害や後遺症を抱え、自立した生活が困難になることが少なくありません。その障害、後遺症はさまざまありますが、脳卒中を発症したことにより片麻痺や言語障害、嚥下障害、高次脳機能障害などが起こります。
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、脳卒中による機能障害のある方のQOL向上を目指して、急性期・回復期・維持期において、セルフケア能力を高めるためのリハビリテーション看護を実践することで、患者様、ご家族様が不安なく社会復帰できるよう支援していきます。そのためには、他職種との協働が必要であり、チーム医療および地域連携を促進できるよう相談・調整する役割も担います。

現在、脳外科病棟で勤務しており、脳卒中の患者様へ、パンフレットを使用して脳卒中と生活習慣についての指導を行っています。患者様が不安なく自宅へ退院できるようサポートしてまいります。

e93fe469f65eea906bb3063d81afb2140aa1f114.jpg

看護師 小林 楓

トップへ

Copyright © 2018 Yamagata Saisei Hospital. All Rights Reserved.