5B病棟

一般外科・乳腺外科・消化器内科の患者さんが主に入院しています。外科・乳腺外科には悪性疾患(胃がん、大腸がん、肝・胆・膵がん、乳がんなど)や良性疾患(胆石症、ヘルニアなど)の患者さんが入院して手術を受けています。近年、より安全で侵襲の少ない手術として腹腔鏡下手術が注目され、当病棟でも腹腔鏡下手術が増加しています。腹腔鏡下手術は痛みが少なく、入院期間の短縮も見込まれ患者さんにとって有益な手術です。手術前より不安の軽減を図るとともに、術後の苦痛の緩和を目指して援助を行っています。消化器内科では、主に内視鏡による治療を多く行っています。早期の胃がんや大腸がんの他、胆石症などで内視鏡的治療が選択される場合があります。苦痛を感じやすい内視鏡治療をできるだけ安心して受けていただけるようにサポートを行っています。

昨今、医療は高度化し以前では難しかった悪性疾患でも治療が望めるようになりました。しかし、それでも治療の限界は訪れ、病状の悪化とともに入院される患者さんもいます。当病棟にはがん専門看護師やがん化学療法看護認定看護師が在籍しており、治療を支えるとともにさまざまな人生経験をしてきた患者さんの「その人らしく生きることを支える」ということを大切にしています。医師、他職種、緩和ケアチームと連携を図りながら、患者さんの気持ちに寄り添った看護を提供できるように心がけています。

IMG_7096編集モザイク処理.jpg

トップへ

Copyright © 2018 Yamagata Saisei Hospital. All Rights Reserved.