5B病棟

一般外科・乳腺外科・消化器内科を中心とする急性期病棟です。外科は、主に悪性腫瘍(胃・大腸・肝臓・膵臓・胆嚢・乳房・甲状腺)や鼡径ヘルニア・痔瘻・急性虫垂炎などに対する手術療法が中心です。消化器内科は、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)・カプセル内視鏡・大腸EMR(内視鏡的粘膜切除)・ESD(内視鏡的胃粘膜剥離)・ラジオ波焼灼療法等の検査や処置を多く行っております。また、化学療法を目的とした入院患者も受け入れています。クリニカルパスを活用し、患者・家族への説明を十分に行ない、患者・家族の不安や思いを受け止め、納得して治療に臨められる様に看護を行っています。

看護方式は、固定チームナーシング受け持ち制と一部機能別を行っています。ストーマ造設患者さんには、皮膚・排泄ケア認定看護師とともに関わり、セルフケアの確立に向けて患者・家族を支援しています。また、終末期を迎えられる患者さんについては、本人だけでなく家族を含めたケアを基本とし、医師や緩和ケアチーム・がん専門看護師・緩和ケア認定看護師と連携し、患者・家族の思いに寄り添った看護の提供を心がけています。亡くなられた後も、他職種を含めたデスカンファレンスを行い、看護を振り返るとともに今後のケアに活かせるように努めています。

5B.jpg

トップへ

Copyright © 2018 Yamagata Saisei Hospital. All Rights Reserved.