4A病棟

整形外科の急性期病棟です。整形は3A病棟と入院を調整しています。平成28年手術件数は1859件で、特に、人工股関節や人工膝関節の全置換術は年間891件でした。入院日数の短縮・統一した医療に向け、クリニカルパスにて患者と共にゴールを見据え取り組んでいます。他にも上肢や脊椎疾患、転倒・事故による外傷など救急入院も多く受け入れています。近年の超高齢社会においては合併症(認知症、糖尿病、心不全、COPDなど)のある患者も増えており、手術前からの全身状態の管理がとても大切になっています。手術後は早期にリハビリテーションを開始し、理学療法士・作業療法士が中心となり、運動機能の回復を目指しています。

また、入院時から退院に向けた支援に取り組み、MSW・薬剤師・栄養士など他部署と連携し、カンファレンスを行ない、患者の個別性にあった退院支援を検討し、地域包括ケア病棟や回復期ケア病棟など他病棟や他院と連携しながら、「切れ目のない看護」を目指しチーム医療の提供に努めています。

4A.jpg

トップへ

Copyright © 2018 Yamagata Saisei Hospital. All Rights Reserved.