赤ちゃんに出会うために(不妊治療のご案内)

赤ちゃんに出会うために...
患者さんに合わせた治療の
お手伝いをさせていただきます。

こうのとりイラスト①.jpg

当院の特徴について

  • 平成14年1月より体外受精・胚移植を開始し、翌年には顕微授精・胚移植を開始しました。
  • 山形県で唯一当院のみ治療が可能である、泌尿器科と連携した顕微鏡下精巣精子採取術を用いた顕微授精を行うことが可能です。(TESE-ICSI)

【顕微鏡下精巣精子採取術とは】
精巣を切開し手術用顕微鏡を用いて、精巣組織を観察、精細管を採取後、裁断し精子を見つけ出す手法です。精子を検出できれば、顕微授精を行うことが可能です。(TESE-ICSI)

  • 総合病院である為、他科と連携ができ出産まで一定の治療ができます。
    筋腫の核出手術や子宮鏡の検査、お腹の中の状態を確認できる腹腔鏡の手術等も行うことができます。
  • 胚培養士・体外受精コーディネーターは3名、不妊症看護認定看護師・生殖心理カウンセラーがおり、心身共にサポートが可能です。

認定不妊看護師のご紹介はこちら

治療の流れ

当院の治療成績

体外受精一胚移植(新鮮胚及び凍結胚)における年齢別妊娠率

妊娠率編集.png

体外受精・凍結胚移植に関する年齢制限について

周産期の観点から年齢制限を設けています。 体外受精は、採卵日が44歳誕生日前日まで、凍結胚移植は、移植当日が45歳の誕生日前日までとなります。年齢制限に関するご相談がある方は婦人科窓口までお声掛けください。

当院の高度不妊治療の料金(税込)

採卵
顕微授精
TESEによる顕微授精
胚移植料
胚凍結料
胚凍結保管料
胚融解+培養
TESE精子凍結料
TESE精子保管料
  ¥225,500
  ¥55,000~¥71,500※
  ¥88,000~¥104,500※
  ¥27,500
  ¥22,000~¥110,000※
  ¥22,000/年
  ¥38,500
  ¥11,000
  ¥22,000/年
  ※...施行個数による

※なお、治療に関する、採血等の検査・内服薬・注射・点鼻薬・外用薬・膣座薬などは別途自費となります。

※県助成金について
県の助成金と市町村の助成金があります。(年齢制限と回数制限があります。)
詳しくはお住まいの市町村にお問い合わせください。
山形県ホームページはこちら

トップへ

Copyright © 2018 Yamagata Saisei Hospital. All Rights Reserved.