重要なお知らせ
新型コロナウイルスに関するお知らせ

放射線科

診療内容

放射線科は、CT・MRI・核医学・PET/CT の画像診断(読影)を担当しています。 担当する業務に導入されている主な装置は以下のものです。

  • CT:64列MDCT1台(東芝製)、128列MDCT1台(Siemens製)
  • MRI:1.5T装置2台(GE製,Siemens製)
  • 核医学:SPECT 装置1台(Siemens製)
  • PET/CT:16列MDCTのPET/CT 1台(Siemens製)
  • PACS・レポーティングシステム(PSP製)

画像診断(読影)業務

電子カルテ、PACS・レポーティングシステムの導入済みで、全てフィルムレスの読影となります。大型放射線検査機器の共同利用も積極的に行っています。特にPET/CTは、臨床例の7割以上が他施設からの検査依頼となっています。PET/CTの検査依頼に関しては、PET/CTセンター(直通:023-682-1112)に直接問い合わせて下さい。CT・MRI・核医学に関しては、病診連携室に問い合わせ下さい。(結果の画像はDICOM data 形式で CD-ROM での提供も可能です。)

所属医師名・所属学会・専門分野

細矢 貴亮(S53年医師免許・医学博士)

  • 日本医学放射線学会〔放射線診断専門医・研修指導者〕

三井 英明(H1年医師免許・医学博士)

  • 日本医学放射線学会〔放射線診断専門医〕
  • 日本核医学学会〔専門医〕

木村 雅俊(H25年医師免許)

  • 日本医学放射線学会〔放射線診断専門医〕
  • 日本核医学会〔PET核医学認定医〕

対応することが出来る疾患・治療内容実績(令和2年度)

画像診断管理(専ら画像診断を担当する医師による読影)
CT撮影 9,630件
MRI撮影 6,369件
マンモグラフィー検査(乳房撮影) 569件
ポジトロン断層撮影(PET)又はポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影 738件