入院に関わる費用について

当院は平成18年6月1日より、「DPC対象病院」となっており、DPC / PDPSに基づき、
診療費を計算しています。

DPC/PDPS(診断群分類に基づく1日当たり包括支払い制度)について

DPC / PDPSとは、病気の種類と診療内容によって分類された「 DPC 」と呼ばれる診断群分類に基づき、厚生労働省が定めた1日あたりの診療点数と出来高点数を組み合わせて計算する制度です。

dpc_chart_01.png

DPC.png

包括評価部分のお薬や注射、検査を多く行っても1日当たりの医療費は変わりません。
1回の入院では、病気の分類は1つの病名で決定されることになっています。
入院時に考えられていた病気とは異なる病気であると判明した場合や、治療する病気が追加になった場合には、この分類が変更になることがあります。
このような場合は、入院時にさかのぼって医療費を調整する必要がありますので、予めご了承くださいますようにお願い申し上げます。

入院医療の「DPC」について Q&A

Q1 すべての入院患者がこの制度の対象となるのですか?

すべての入院患者に「包括払い方式」が適用されるわけではなく、病気の種類や治療内容によっては、従来の「出来高払い方式」で医療費を計算する場合もあります。
この他、労災保険・自費診療・治験・先進医療等の方は従来の「出来高払い方式」になります。

Q2 高額医療費の扱いはどうなるのですか?

高額医療費制度の取扱いはこれまでと変わりません。

Q3 入院中に他医療機関で処方されている薬がなくなった場合はどうしたらいいですか?

必ず、病棟看護師に申し出て下さい。

Q4 入院中に他の医療機関を受診したい場合は、どうしたらいいですか?

受診する前に、必ず病棟看護師に申し出て下さい。

トップへ

Copyright © 2018 Yamagata Saisei Hospital. All Rights Reserved.