麻酔科

特色

当院は7室の手術室を完備しており、整形外科・外科・脳神経外科・産婦人科・泌尿器科・心臓血管外科・眼科・形成外科など年間約3900件の手術に対応しています。 このうち麻酔科管理症例は年間約900件で、常勤麻酔科医2名(麻酔指導医1名、麻酔専門医1名)と山形大学麻酔科からの派遣医師で対応しています。 当院は日本麻酔科学会認定指導病院であり、「臨床・研究」のほかに研修医や医学生の「教育」にも従事しています。

診療内容

小児から高齢者まで幅広い年齢層の患者さんを対象として全身麻酔管理・術前評価・術後疼痛管理を含めた周術期管理を行っています。患者さんが安心して手術にのぞむことができるよう手術中の全身管理に力を注ぐと同時に、麻酔を受けていただくにあたり問題のある患者さんに対してはより高い専門性をもって対応しております。 また週に一度ペインクリニック外来を開設し、様々な痛みに悩まれている患者さんの治療にもあたっています。

所属医師名・所属学会・専門分野

小林なぎさ(S61年医師免許・医学博士)

  • 日本麻酔科学会[麻酔指導医・専門医]
  • 麻酔科標榜医
  • 日本臨床麻酔学会
  • 日本ペインクリニック学会[ペインクリニック専門医]
  • 日本心臓血管麻酔学会
  • 医師臨床研修指導医

岩田香織 (H3年医師免許)

  • 日本麻酔科学会[麻酔専門医]
  • 麻酔科標榜医
  • 日本臨床麻酔学会
  • 医師臨床研修指導医

主な実績 麻酔科管理症例(単位:件)

2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度2017年度
整形外科 294 320 338 312 304 336
外科 226 277 234 245 226 198
産婦人科 169 164 155 113 153 138
脳外科 24 33 44 39 50 69
心臓血管外科 85 98 80 72 31 30
泌尿器科 27 16 22 13 18 16
眼科 54 25 18 18 20 12
形成外科 1

学会発表

  • 脊椎手術中の体温低下を左右する因子について
    (2014年日本臨床麻酔学会)
  • 変形性膝関節症に関するブプレノルフィン経皮吸収型製剤の鎮痛効果
    (2012年日本ペインクリニック学会)
  • 当院の腰椎手術における深部静脈血栓症発症の危険因子
    (2010年日本臨床麻酔学会)

論文

  • 両側人工膝関節全置換術における両側同時タニケットの心拍出量に与える影響
    (2009年臨床麻酔)
  • 骨粗鬆症を有する女性の大腿骨近位部骨折に対するカルシトニン製剤の鎮痛効果
    (2013年日本ペインクリニック学会誌)
  • 脊椎手術での腹臥位体位変換における心拍出量の変化
    (2011年臨床整形外科)

トップへ

Copyright © 2018 Yamagata Saisei Hospital. All Rights Reserved.