心臓血管外科・呼吸器外科

特色

心臓血管外科のモットーは患者さん一人一人に最新且つ最良の医療と安心を提供することです。
当科では、心臓、血管(動脈・静脈)の病気だけでなく、肺臓等の呼吸器の病気の外科治療を中心に診療を行っております。

診療内容

主な対象となる病気としては、以下のものがあります。

○心臓疾患:狭心症、心筋梗塞(心臓を栄養する血管が狭くなったり、詰まったりしてしまうこと)、弁膜症(心臓の中にある弁の機能障害)、心臓腫瘍等。

○動脈疾患:動脈瘤(動脈がこぶのように部分的に腫れてくる)では大動脈瘤、解離性大動脈瘤などがあり、動脈閉塞、狭窄(動脈が狭くなったり、詰まってしまうことで、四肢に行く血管に起こるが、主に下肢)では急性動脈血栓症、閉塞性動脈硬化症等がある。

○静脈疾患:静脈瘤、静脈血栓(主に下肢の静脈に起こる)等。

○肺臓、胸部疾患:肺腫瘍(肺癌など)、気胸、胸部外傷等。 心臓血管疾患の原因の多くが動脈硬化であり、進行性の病気であるため、早期よりの予防あるいは治療が長期にわたる生活の質の向上につながるものと考えています。

治療法

  1. 心臓:冠動脈バイパス手術(狭心症、心筋梗塞に対する手術です)、弁形成、弁置換手術(心臓弁膜症に対する手術です)、その他心臓腫瘍等の手術
  2. 大動脈:大動脈瘤切除手術(急性大動脈解離を含む)、(血管が瘤状に拡大した大動脈瘤に対する人工血管を用いた手術です。)経皮的ステンドグラフト挿入術(カテーテルを用いて血管内に人工血管を留置する方法です)
  3. 四肢動脈:動脈バイパス手術(動脈硬化等による慢性の血管閉鎖に対する人工血管を用いたバイパス手術です)、経皮的血管形成術(バルーン付きカテーテルを用いて、狭い血管を広げる方法です)、動脈血栓除去手術(急性の動脈血栓症に対して、バルーン付きカテーテルを用いて血栓を取り除く手術です)。
  4. 四肢静脈:下肢静脈瘤 血管内レーザー治療及びラジオ波治療を主体に行っています。 下肢静脈では下肢が浮腫んで異常に太くなる深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)が最近問題となっており、肺塞栓症を併発すると危険ですので、早期よりの治療が重要となります。
  5. 肺臓:肺切除術(肺癌、良性腫瘍、気胸等に対する手術です。最近では内視鏡を用いた手術も行われています。)

専門外来

● 静脈瘤外来:金曜日午後

静脈瘤とは、静脈の逆流防止弁の機能不全により、下肢の皮下静脈が瘤状変化を来たしたもので、軽症であれば外来治療が可能であり、進行すると入院による外科治療が必要となります。

所属医師名・所属学会・専門分野

折田博之(S54年医師免許・医学博士)

  • 日本外科学会〔外科専門医・指導医〕
  • 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構〔評議員・指導医・心臓血管外科専門医・ 心臓血管外科修練指導者〕
  • 日本循環器学会
  • 日本静脈学会
  • 心臓血管外科
  • 医師臨床研修指導医

廣岡茂樹(S60年医師免許・医学博士)

  • 日本外科学会〔専門医・指導医〕
  • 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構〔心臓血管外科専門医・心臓血管外科修練指導者〕
  • 日本臨床外科学会
  • 日本呼吸器外科学会
  • 日本静脈学会〔実施医・弾性ストッキングコンダクター〕
  • 血管内レーザー焼灼術実施・管理委員会〔指導医・実施医〕
  • 心臓血管外科
  • 医師臨床研修指導医

外田洋孝(H9年医師免許・医学博士)

  • 日本外科学会〔専門医〕
  • 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構〔心臓血管外科専門医・心臓血管外科修練指導医〕
  • 日本脈管学会〔脈管専門医〕
  • 下肢救済学会
  • 日本静脈学会
  • 日本ステントグラフト実施管理委員会〔血管内治療実施医(腹部)・指導医(Gore Excluder)〕
  • 日本衛生学会
  • 厚生労働省DMAT隊員

血管外科

  • 医師臨床研修指導医

H29年心臓血管外科手術症例

下肢静脈瘤・血管焼灼術
腹部大動脈瘤
 ステントグラフト内挿術
 人工血管置換術
閉塞性動脈硬化症に対する血行再建手術
(Primary stenting、Hybridを含む)
急性動脈閉塞症
末梢動脈瘤(膝窩動脈瘤)
趾・肢の切断術、断端形成
バスキュラーアクセス作成
肺・縦隔の良性疾患
  464例
  
  13例
  9例
  15例
  
  10例
  1例
  6例
  11例
  10例

 

トップへ

Copyright © 2018 Yamagata Saisei Hospital. All Rights Reserved.